自立支援のケアプランをAIで??

以前から何度か取り上げてきた介護×AIの取り組み。以前ご紹介したのは、AIによるケアプラン作成の実証実験のニュースでした。
確かに、ケアプランを作る際、似たようなシチュエーションの方にはある程度機械的に似たようなプランを作ることもあり、何となくAIでもある程度のことができるのではないか?という感覚はありますよね。

AIによるケアプラン作成の実証実験開始

そんな中、新たな介護×AIの取り組みのニュースがありました。
今度のニュースは、通常のケアプランではなく、自立支援を実現するようなケアプランを自動作成する、というもう一歩進んだ画期的な話です。

自立支援ケアプランをAIが自動作成 パナソニック、実証実験を開始

政府はいま、自立支援・機能改善をかなり重要視しており、実際自立度が回復した場合にはインセンティブをつける、という話が報酬改定で織り込まれることになっています。

今回の取り組みはそこに目をつけたもので、2019年度には事業化し、インセンティブをとりたい事業者や行政に売り込んでいく予定だそうです。

具体的には何をするのか?

記事によれば、ベッドセンサーや人感センサー、食事・排せつを自己申告するボタンなどを設置して、まずは生活や睡眠のリズム、活動量などのデータを継続的に観測し、データを蓄積。さらに、デイサービスで実施した運動の内容やアセスメント、モニタリングの記録などや、協力会社であるポラリス社のノウハウも加味して、ケアプランをAIで作る、ということなのですが・・・

まあ、簡単に言えば、本人のバイタルデータと介護記録からプランを作る、ということになります。

これだけだと、具体的な姿はまだ見えてきませんね。
AI、と一言で言っても、いわゆる統計学的データから有効な提案を導き出す、本当の人工知能的なシステムから、ただ自動で動く、というもの(ルンバとか)まで、レベルはいろいろあります。
どういったレベル感のAIなのか、興味がありますね。

そして、介護の役割が今後、ただ日常のお世話をすることから回復を手助けするものへとシフトしていくことは、スタッフのやりがいなどの面で非常に大きな転換となるでしょう。

どちらかというと医療的な立場に近づくものでもあり、多くの人にとって今よりも魅力的な仕事になっていく可能性も秘めています。

いずれにせよ、どのようなサービスになるか、まずは見守りたいと思います!

CURATOR
ケアリッツマガジン運営者 Yuri
普段の業務に加えて、いろいろと記事を書いて情報発信しています。プライベートでは女子力高めなことが好きです。