【新卒ブログ】モテ期?え、もうこんな時期?(追杉)

こんにちは!巣鴨事業所の追杉です。
今日のテーマは「一年を振り返って」です。
そんな中髪を切った追杉は、女の子2人から熱烈な愛の告白を受けました(モテ期到来?笑)←※私は女です。

そして、あっという間に1年経ってました・・・早いものです。1年ってこんな早く過ぎるものなんですね・・・恐ろしい。笑
最初はこの仕事をちゃんとやっていけるかすごく不安でした。でも、先輩ヘルパーやいろんな利用者さんに接していくうちに、辛いこともありましたが、やりがいを感じられることや楽しいと思えることがたくさんあったから続けられています!

私の場合、身長が154cmなので自分はどうやれば上手くケアができるのかなどたくさん考え、わからなかったら質問して身につけたりしていろんな工夫をしてきました。入社当時からケアに行かせていただいている利用者さんからは、成長したことを褒められることもあって、「頑張ってよかった」「まだまだ頑張ろう」と思います☺
心身のケアも大事で働いていく中でいろいろなものをため込むのは良くないということも学びました。気を付けます。笑
休みの日は自分の好きなこと精一杯やるようにして気分転換を欠かさずです!映画・映画・ライヴ・映画・・・そんな感じです。

 

映画紹介もこれが最後なんですね・・・悲しい。
今回は介護の映画を紹介します。結構あるんですが、選ばれたのはこちら!
【ペコロスの母に会いに行く】(2013)…邦画!!!!すごく身近に感じます。

超簡単なあらすじ
:漫画家の息子ゆういち(ペコロス)の母みつえが認知症の症状を見せ始める。外に出てしまったり、大量の汚れた下着をタンスにしまったりと認知症の症状が進んでいく。昔の記憶のまま生きる母に対してどうすればいいのか迷う息子の話です。(雑)ネタバレになってしまうので見てください…笑

この映画を観て思ったことは、介護の仕事に就いてから学んだこともあれば、私の祖母が認知症で孫の顔すらわからなくなっている状況下の中、家族だからの葛藤を思い出しました。今でも祖母は「あなた誰?」状態で私のことを見てきます。でも、ヘルパーとしてスキルを身につけられた今は二つの目線から対応できるようになったので、介護系のことも家族の心のサポートをできるようになりました。


人対人の仕事でたくさん難しいこともあると思います。でも、頑張った先にやりがいを感じられる仕事だと思うので、一緒に頑張っていけたら嬉しいです。
一年間ブログを読んでくださった方々ありがとうございました(^^)
あ、映画好きな人がいたら是非お声がけお願いします!
あ、音楽好きもいたら!(欲張り)