【新卒ブログ】折り返し(田中大貴)

こんにちは、IT事業本部の田中大貴です。

つい先日、2018新卒内定式が執り行われたようですね。
https://www.careritz.co.jp/magazine/6396/

早いもので私たちの内定式からもう1年が経ちました。
社会人としても半年がたち、振り返りにもぴったりなテーマでブログを書きたいと思います。

今回のテーマは"仕事でのやりがい、楽しかったこと、大変だったこと"です。



~仕事でのやりがい~
ありきたりですが、お客様の役に立てていることがやりがいにつながっています。
今はだれでもできる仕事しか与えられていなくても、いずれは私にしかできない仕事を名指しでふられるような存在になりたいです。

~楽しかったこと~
ありがたいことに常駐先のお客様から食べ物の差し入れをいただくことがあります。

こちら、某カップそばに見えますが…

 

……!?

……?

蓋を開けてもそばにしか見えませんね。
実はこれモンブランなんです!

差し入れを頂けるのはうれしいですね。
これも先に常駐している先輩が仕事を通じて信用を得ているからこそ、こういったご厚意に預かれるのだと思います。

~大変だったこと~
現在の常駐先は私と先輩の二人しかおらず、プロパーも人数が少ないため、新卒といえど戦力の一人に数えられます。
直接タスクをふられることもあります。ふられた以上、きちんとした結果が求められます。
1から10まで自分マターのタスクをこなしたことのない私にとって、たとえ他の人から見て簡単に思える問題でも、完遂すること自体が非常に大変でした。
何をどのように調査・検証したかなど自分がやっている仕事について論理的に話せなければなりません。
問題のゴールを考え、どの程度進捗があるか自分で判断しなければならないし、仕事をきちんとこなしていることを伝えるための報告の仕方についても考えさせられました。
これからどんどん先輩の目が届かない仕事をすることになるとは思いますが、それでも自分の力でこなせるようになりたいです。


以上が、私がこの半年間で感じたことでした。
後輩が入るまであと半年ありますが、少しでも多くのことを伝えられるように、知識や経験を深めていきたいです。