【介護コラム】勝ち逃げー第2話ー

第2話

サービス内容はいたってシンプルで、朝、昼、夕に訪問し、体調や気分に応じたメニューで食事を作り提供。食べ終わったら食器を片付けて、食後の薬を本人が飲むのを見届け、頓服で処方されている鎮痛剤(医療用麻薬)が減っていないか残数を数える。それが済んだら記録と申し送りノートを書いて退室する。

ある程度現場慣れした人が見たら、拍子抜けするくらいのボリュームである。それでも訪問介護が初めてだった私は、そらで言えるほど繰り返し手順書を読み込み、行ったこともない家の間取りを想像し、時間の許す限りイメージトレーニングを重ねた。
そして迎えた先輩ヘルパーとの同行日に、どこか胡散臭いものを見るようなあの目と出合ったのである。

何の根拠も証拠もないが、肌で感じた違和感。「歓迎されていない」と瞬時に察した。

同行についてくれた先輩ヘルパーは本人と同じ東北の出身。

その二人のやり取りを、例えば街中で偶然見かけたのであれば微笑ましい光景なのだが、介護の現場で見るそれは、「そこから先には踏み込ませないからな」という、本人からの宣戦布告かのように私には映っていた。

CURATOR
コラム著者/佐近健之 (介護支援専門員・介護福祉士・社会福祉士)
東京都出身。介護現場経験を経て、現在は介護人材の教育を担当しています。
音楽好きのビール党です。
Illustrator/エム・コウノ