国際福祉機器展が開催中!

国際福祉機器展が、明日まで開催されています!

https://www.hcr.or.jp/

このイベントは、1974年に社会福祉施設の近代化機器展、という名前で初めて開催されて以来、44回にわたって開催されている、欧米に次ぐアジア最大規模の福祉機器の展示会です。

介護用のコミュニケーションロボットや、最新の車椅子、見守り機器など様々な機器が紹介されているので、ちょこっと潜入してきてもらいましたので、ほんの少しだけ様子をご紹介します!

HALで有名なサイバーダイン社は、介護する人ではなく、介護される人の自立支援用のHALを展示していました。足腰の弱った方の体幹・下肢機能の向上を促進してくれるそうで、リハビリなどに活用できるそうです。

HALがハイテクな歩行補助機だとすると、こちらは非常にアナログ!ゴムの力で歩行を助けてくれます。
こういった両極端なアイテムに出会えるのも魅力の一つ。

徘徊防止などの見守り機器は非常にたくさんありましたが、こちらは少しユニーク。
センサーから無線でこの犬に情報を飛ばし、犬から携帯電話にメールや画像を送信してくれる仕組み。
ちょっと雑(笑)な感じの造形が憎めません。

もし、介護にまつわる最先端の機器やアイデア商品などを見てみたい方は、ぜひ足を運んでみては?
サイトから事前登録が必要なので要注意です!

CURATOR
ケアリッツマガジン運営者 Yuri
普段の業務に加えて、いろいろと記事を書いて情報発信しています。プライベートでは女子力高めなことが好きです。