CareTEX2018に行ってきました! – 後編

今回も、前回に続いて今月行われたCareTEXのご紹介です。

前回は、個人的にも興味があったサプリなどを中心にご紹介しましたが、今回はロボットコーナーを中心にご紹介します。

PaPeRo i

NECが出している、高速ゲートウェイに ロボット型のユーザーインターフェースを融合させたユニークな商品がこちらのPaPeRo i でした。

インターネットとつなげることで、様々なコミュニケーションが可能となるロボットで、一般的な店舗での接客などにも利用が可能なほか、介護絡みでも様々な利用シーンが紹介されています。

①見守り機能

こちらは、入り口付近に配置しておいて、人を感知すると声掛けをするシステムだそうです。
直接的な抑止効果はないものの、声をかけることで認知症の入居者が立ち止まったり、戸惑ったりしている間に、写真撮影をして従業員に通知する、という仕組みです。

「どこ行くの??」とか、「ちょっと待って!こっちにおいでよ!」、「そっちは危ないよー」など様々な声がけが可能だそうです。かわいいですね。

②レクなどの学習・クイズ機能

音声の動きやテレビ画面を使って、簡単な脳トレなどができるとのこと。
入居者が楽しんでいるときの自然な顔そ撮影できる、という機能もついていましたが、写真を撮られると意識しながら写るよりも良い写真になりそうで、いいアイデアですね。

HAL

こちらは有名ですので、ご存知の方も多いはず。
腰に装着することで、重いものでも持ちあげることができる、マッスルスーツ型のロボットです。

ただ、やはり気になる点としては、マシン自体が重く、現場での持ち運びが大変であること、また装着に手間がかかったり、サイズが合わないなどの問題が発生しうること、でしょうか。
防水加工がおこなわれたり、進化を続けているマシンでもあるので、今後に期待したいところです。

 

スマートロボットはるかちゃん

中国の企業が発表していた、こんなロボットもいました。
日本製のいろいろなコミュニケーションロボと違って、顔の部分が液晶になっているのが印象的。

遠隔監視機能がついたスマホ、のような機能となっておりました。

リショーネPlus

こちらは、パナソニックの開発した、ベッドが真ん中から分離して車椅子になる、という画期的な商品。

リフトよりも半分近くの速さで離床させることができるそうです。

これは、アイデア勝ちの逸品ですね。
真ん中の分離部分の寝心地だけがちょっと気になります。

その他見守り機器

現在の定義では、見守り機器や上記のような介護補助機器なども、立派なロボット分野となっています。

こうした、離床時に声がけを行うような機器や、靴にGPSを仕込むシンプルなものまで、見守り関係の機器はまさに百花繚乱といった様相でした。

全体を通して

介護はIT化が遅れている業界、と言いますが、ITシステム自体は本当にたくさんあることに気が付かされました。
ここで取り上げたロボット関係もそうですし、コミュニケーションツールや介護ソフトのようなものも非常に多く、いずれも業務効率化が実現可能とうたわれています。

では、何がIT化の妨げとなっているのかと言えば、各介護事業者の資金力やITリテラシーといったものに他なりません。こうしたIT機器やシステムを販売する業者は、商品力だけでなくその魅力を伝える営業力、提案力も求められているのだと感じました。

CURATOR
ケアリッツマガジン運営者 Yuri
普段の業務に加えて、いろいろと記事を書いて情報発信しています。プライベートでは女子力高めなことが好きです。
ちなみに薬剤師の資格を持っていますがペーパーです 笑