【介護コラム】勝ち逃げー第6話ー | 介護のプロ。株式会社ケアリッツ・アンド・パートナーズ
menu

【介護コラム】勝ち逃げー第6話ー

【介護コラム】勝ち逃げー第6話ー

第6話

ある日、本人が訪問時間を勘違いしていることがあった。基本的に毎日の訪問時間は揃えてあったが、シフトの都合で一日だけ15分ほどずれている曜日があった。

入室して早々に「何時だと思ってるんだ」と怒鳴られた私は、冷静に事情を説明した。

物事の筋が通っている以上、イライラのぶつけようがなくなったIさんは「そうですか、ではどうぞ始めて下さい」と言うと、それっきり私のことを無視するようになった。

献立を聞いても回答はなく、こちらを見てもくれない。仕方なく、無難と思われる献立で食事を用意し、そっと本人の前のテーブルに配膳してみると、テレビを見ながら無言で食べ始める。

食べ終わると、見向きもしないまま食器だけを私の方へ押しやってきたので、そっと下膳し後片付けを済ませた。

記録を書いている間も、薬の残量を数えている間もIさんはテレビの画面だけを見つめ続け、帰り際に退室の挨拶をしても、一切返事はなかった。

何がなんだか分からないまま、重い足取りで家を出て、「ああ、これで出入り禁止になるんだろうな」と思ったとたん、悔しさと疲れが頭の中でごちゃ混ぜになり、ぎゅうっと胸が締め付けられるような思いがした。

コラム著者/佐近健之 (介護支援専門員・介護福祉士・社会福祉士)
東京都出身。介護現場経験を経て、現在は介護人材の教育を担当しています。
音楽好きのビール党です。
Illustrator/エム・コウノ