【新卒ブログ】-年末の空気感-(伊東) | 介護のプロ。株式会社ケアリッツ・アンド・パートナーズ
menu

【新卒ブログ】-年末の空気感-(伊東)

【新卒ブログ】-年末の空気感-(伊東)

 

こんにちは!都立大学事業所の伊東です。

都立大学事業所に異動となって1カ月、街の雰囲気にも慣れ、仕事のペースも徐々に掴めてきました。食事処に全く困らない都立大学駅周辺、同じ事業所のスタッフさんもかなり街に詳しくなったとのことで、美味しい差し入れをいただくこともあります。ありがたい。。。!!

「異動前によく伺っていたご利用者の方はどんなご様子かな」などと時折思いながら、少し懐かしくもなりつつ、都立大学事業所で日々の業務に取り組んでいます。

そして街中はもう、年末の空気感が漂いつつありますね。トップの画像は何年か前に、ちょっとしたきっかけで見に行った恵比寿ガーデンプレイスのクリスマスツリーですが、なんだか気分がワクワクするような、でも場合によってはちょっと寂しい気持ちがするような。。。何とも言えない季節です。笑

 

さて!今回のブログテーマは「職場環境について」「半年間働いてみての感想」です。

 

【職場環境について】

 

折角なので今回は同期のことについて書こうと思いますが、同期とはよく飲みに行きます!仕事の話で真面目な雰囲気の飲み会になることもあれば「他の同期の皆は何してるかな~」なんて話をしたり、仕事のことを忘れてくだらない話で盛り上がることもあります。

でもやっぱり、飲み会で話す内容の95%ぐらいは仕事の話になってしまいます。笑 自分も同期の皆もですが、自分自身が思っている以上に仕事が好きなんじゃないかと思います笑 ※仕事の話と言ってもそんなに難しい話をしている訳ではないですが。。。

同期の存在ってやっぱり特別です。何かあったら相談できる相手でもありますし、お互い切磋琢磨し合いながら、時にライバルとして、仕事をする上で同期の存在がモチベーションになったりもします。

皆に負けないように、自分も目一杯頑張らないといけません!

今週末も3世代の新卒社員で集まる機会がありますが、久々に会う同期も沢山いるので非常に楽しみにしています!

 

【半年間働いてみての感想】

 

入社して半年、環境や立場が変わり始めている中で色々なことが頭の中を巡ってます。同期の皆も色々な経験をしていると聞きますが、自分も半年間で色々な経験をしました。成功したことよりも失敗した経験の方が多いですが、すべて含めて自分の糧になってます。

とにかく入社研修の頃は期待と不安が入り混じった気持ちでした。そして、現場に出てからはあっという間に時間が過ぎました。最初の2カ月はとにかくケアを覚えることに集中してましたし、事業所の方たちはヘルパーとしての経験が長い方たちばかりなので「早く先輩の方々に追いつかなきゃいけない」という気持ちがありました。

そこから色んな経験をして、今の自分としては「毎日毎日、自分なりにどれだけ満足できる仕事が出来たか」を大事にする様にしています。先輩社員の方からも良く言われますが【自己満足】って凄く大事だな、と思う様になりました。

例えば「今日はケアの手順をしっかりとマスターすることを目標にしていたけど、それは完璧に出来た!じゃあ、明日はもっと焦らず、効率的にケアが出来る様に手際を良くすることを意識してやってみよう!」という様な例が分かりやすいと思いますが、何か目標決めて、それが達成できると嬉しいですし、自分の場合はモチベーションを高く保ち続けることが出来ます。

また、研修時に担当の方に言われた「毎日1個はファインプレーをする気持ちで」という意識も持ちながら仕事をしてます。ただ、これが中々難しい。。。エラーの連続で1日が終わることもありますが。。。汗

半年間仕事してみて、現在では初回ケアに入ってサービスの形を作る立場にもなりました。「このケースはあの時の経験が活かせるな。。。」「この場合は介助方法が1番良いな」等、半年の経験が活かせた際は嬉しいです。

立場・環境が変わって、周りの見え方も変わって、これからもっと更に色々な経験をして。。。更に半年経った時にどんな状況の中仕事しているのか、非常に楽しみです。

 

では、今回はこの辺りで終わりたいと思います。

 

続いては目黒事業所の上原詩歩さんです。よろしくお願いいたします!