【ケアリッツ事業所探訪】-高島平事業所編

こんにちは!ケアリッツマガジン記者のtakahashiです。

ケアリッツでは現在、新規事業所の出店に力を入れていますが、なんと100事業所を越えました。
これもひとえに利用者やケアマネの皆様、そしてスタッフ全員の頑張りによるものに他なりません。

しかし、これに慢心する事なく、もっとより多くの方にサービスをお届けできるよう、まだまだ積極的に出店を続けていきます!

そんなケアリッツでの日常をもっと良く知ってもらえるように、引き続き(前回の記事)、事業所の紹介をしていきます。

ケアリッツに興味をお持ちの方、ケアリッツで働いてみたい方などの参考になれば幸いです。

自然豊かで落ち着いた街 高島平事業所


東京都板橋区高島平7-47-6 三高ビル101

高島平は線路の北側か南側で大きく街並みが変わります。
南側は緑が多く団地に囲まれていて、北側は戸建てが多く荒川が近くに通っています。

駅周辺は定規で引いたような細かな直線の道が多いです。その為、似ている道が多いので、簡単に駅からの道順をご案内します。

西口改札を出て右の北側方面へ進みます。直ぐに階段やスロープがありますので下へ降りて左へ進みます。

進んでいくと横断歩道がありますのでこちらを渡ります。

渡ったらそのまま真っすぐに進み清水歯科医院の横を曲がります。

そのまま進んで行くと十字路がいくつか出てきますが曲がらずに真っすぐに進んで行きます。

大通りに出ましたら信号はありませんが横断歩道があるので、こちらを渡りダイソーの横の道を進みます。

進んで行くと十字路がありますがこちらも真っすぐに進みます。

進んで行くと左に入れる道が出てきますが真っすぐに進みます。

進んで行くと左に曲がる道がありますのでその道に入ります。

この道を進んで行くと右手に事業所が見えてきます。

黄緑や青の自転車が止まっている建物が目印です。

お近くを通った際にはぜひ、一度話を聞きに来てみてくださいね!

 

暮らしやすい街並み 高島平

高島平の魅力を今回も事業所のヘルパーさんに教えていただきましたので、簡単にご紹介します。

まずは駅入り口にモアイ像?に似たモニュメントがお出迎え。
二体とも同じものだと思いますが、見る角度によっては違うものに見えますね。

こういったちょっとした工夫がしてあるだけでなんだか駅も楽しく通えますね。

Takegushi(竹串)
名前の通り、串焼き屋さんで焼き鳥がとても美味しくて、駅からも近いのでいつも賑わっているようです。

鮪(マグロ)料理専門店 まぐろの大将
こちら名前の通りいろいろなマグロの料理が楽しめます。マグロ以外でも日によって獲れたての魚が食べられるのでいつ行っても楽しめます。

両面焼きそば専門 あぺたいと
今ではテレビや雑誌で良く紹介されるようになっている両面焼きそば専門店。
自家製麺を鉄板で両面ともパリッと焼き上げたもので、堅焼きそばとはまた違った食感が楽しめます。

現在は東京に8店舗あり、オリジナルの自家製麺は通販でも買うことが出来ますので、気になった方はぜひお試しを。

ボリューム満点のおすすめメニュー

BOULAGERIE DO MONSiEUR(ブーランジェリー ドゥムッシュ)
パン屋さんになります。
専門店にしてはとてもリーズナブルな価格(ほとんどの商品が200円以下)設定になっているので、ついつい沢山買ってしまいますね。

最近はパニーニを売り出し始めたようです。

こども動物園 高島平分園
駅から5分もかからない公園の中に幼児向けの小さな動物園があります。
展示されているのは小動物やヤギなどですが、無料で餌やりができるので、休日には家族連れでいっぱいになるようです。

慣れた手つきで餌をあげている子ども

ダイソー高島平大型店
大通りに面したひときわ目立つご存じ100円ショップのダイソーです。
建物全部がダイソーというのは珍しいのではないでしょうか。

最近は100円とは思えないほど高クオリティで品揃えも豊富です。見ているとついつい手を伸ばしてしまいますよね。

いかがでしたでしょうか。

高島平を訪れたのも初めてで、実は都営地下鉄三田線も今回初めて乗りました。
乗ったときは地下だったのですが、降りるときには高架になっていたので不思議な感覚でした。

いろいろな所へ毎月出かけていますが、その中でもゆったりして静かな街で暮らしやすい所だと感じました。

Writer
ケアリッツマガジン記者 takahashi
デザイナー。知らない場所を散策することが好きです。