【新卒ブログ】ケアリッツに入社した理由(立原)

 

こんにちは!20卒・旗の台事業所の立原恵(たちはらめぐみ)です!

簡単な自己紹介をすると
島根県出身(写真は島根県のワイナリーで母と祖母が小さく…)で
大学時代を山口県で過ごし今年の2月に上京してきました。
4月に新卒で入社してから神谷町事業所、麻布事業所の配属を経て、
9月から旗の台事業所の管理責任者をさせてもらっています!
この半年は本当に「あっ!」という間でした~

そんな私のブログのテーマは「ケアリッツに入社した理由」です。
ちなみに高校は商業系、大学では観光経済学を学んでおり、
介護とは全くの無縁だったんです!

そもそも私の「介護」に対してのイメージは
・もともと私が小学生の頃から母がヘルパーをしていたことや、
・祖母が半身麻痺だったこと、祖父がパーキンソン病を患っていたことで
なんとなく「身近なもの」だけど、
・家族の介護は介護職の母が一人でしていた
+・学生時代は地元の金融機関に就職するつもりだったので
「今もこれからも関わりのないもの」と思っていました。
ですが、いざ就活が始まって自分が何をしたいか考えたときに
ふと「介護」が浮かんできました。
それは自分自身の中で身近なはずの介護が
どちらかというとマイナスなイメージが強く、
高齢化が進む日本では今後介護の仕事に携わる人が増えるのに
「マイナスなイメージなままでいいのか…?」という気持ちからでした。
そして今思えば、
祖父母の介護から目を背けてきたことにどこか後ろめたさを感じていて
この際だから「目を向けないと」という気持ちもあったのかもしれません。

業界を「介護」に絞ってから、
地方就活生向けのカフェでそこの運営している方とお話しする機会があり、
その方にケアリッツを紹介していただきました。
「ケアリッツの品質を介護業界のスタンダードに」
「介護業界のNo.1を目指す」「介護×IT」というワードに感銘し、
すぐに説明会に行きました。
それまでいくつもの企業説明会に参加していましたが
ケアリッツの説明会で初めて「ここだー!!!」と思いました。
それは、業界のNo.1になるための道筋を数字で具体的に見せてくださったことや、
説明会の雰囲気がとても明るく、自分がこれまで想像していた
介護業界で働く人のイメージと180度違っていたからでした。
他にも介護系の会社を見ていましたが、最終的には人事の方が面談中に仰った
「介護の業界を変えるには実際に介護を」という言葉に胸を射抜かれました。

ちなみにまだ入社して半年ほどしかたっていませんが、
「ケアリッツに入社して良かった」と心から思っています!

私は就活中にこの新卒ブログを読んで入社後のイメージをしていた記憶があります。
なので就活中の方や入社が決まっている方の参考に少しでもなれば嬉しいです。

このブログを書いて久しぶりに就活の時のわくわくした気持ちを思い出しました~~
最後まで読んでくださって、ありがとうございました!