【新卒ブログ】ミュシャ、再びの出会い(逸見)

こんにちは!四谷事業所の逸見です(^^)/

今日はフリーテーマということで、まずは簡単に自己紹介をしたいと思います!

 

名前は 逸見 郁 と書いて へんみ  かおる と読みます。読めない!笑

いまだに名前を一度も間違わずに読めた人はません…笑

8月生まれの獅子座で、血液型はB型。どこにいても聞こえるほどの大きな声が特徴です(^O^)

 

今回はフリーテーマということで、何を書いていいやら悩みに悩んだ逸見ですが、

私自身も卒論で扱ったということもあり、皆さんにも是非お勧めしたいと思ったので、先日行ったミュシャ展について書こうと思います!

今回注目なのは、なんといってもミュシャの大作である「スラヴ叙事詩」です!

20枚の絵画からなり、最大で6×8メートルにもなるこの連作は、なんとチェコ国外ですべてそろっての展示は今回が初となります。

連日多くの人が並んでいますが、大きい絵なので人の多さはほとんど気になりません。

 (大きさは人と比べるとこんなカンジ)

描かれている場面に引き込まれるような効果があって、本当に迫力のある作品たちです…!

一部の作品は写真を撮ることもできるので、普通の美術展とは一味違う楽しみ方ができるのではないでしょうか(*^v^*)

ということで、私が撮ったミュシャ展の写真です!6月5日までなのであまり時間はありませんが、

日本で観られるほんとに貴重な機会なので、みなさんもぜひ遊びに行ってみてください~!