【新卒ブログ】雨にも負けず風にも負けず(上原)

こんにちは!寒くなりましたね!
目黒事業所の上原です。

今月は寒かったり暑かったり、台風が来たり雨が降ったりと天気がコロコロ変わる月となりました。
ご利用者様からは「梅雨より降ったんじゃないかね?」なんて仰っている方もいました。
それくらい大変な天気が続きましたね。

 

さて今回のテーマは「私がぶち当たった壁」についてお送りしていこうかと思います。

 

私がヘルパーとして働き始めてから一番の苦難となったのは、、、「雨」です。
訪問介護は自転車での移動、そして雨が降ればレインコートを着ます。
(傘をさしての自転車移動は危険なのでやめましょう!)

これが結構大変で、なるべく濡れないように移動をするのですが、どうしたって袖口とか顔周りは濡れてしまいます。利用者さんを介助する際、濡れていたりすると不快な思いをさせてしまいますので、タオルなどで拭いてからお邪魔するようにしています。
晴れの日も雨の日も、この仕事をしているとタオルが大活躍ですね!

更にもうひとつのポイント、、
「濡れた地面は自転車のタイヤが滑りやすい!」ということです。
転ばないように気を付けて、いつもよりゆっくりペースで移動するようにしています。

そんなわけで、私にとっての雨の日は色んなことに気を付けなければならない日なのです。
やはり雨の日よりも晴れの日がいいなと思います。テンションや気分が上がるのは晴れの日ですね♪

いつか誰かが「絶対濡れない最強レインコート!」を開発してくれるのを心の支えに、雨の日も頑張っていこうと思います!

そして、このブログが上がる日も雨ですね、、、笑
明日は晴れますように!

さて余談ですが、今回のタイトルは宮沢賢治さんの詩の初めの一節から頂戴しました。
入社してから苦節半年。雨だけでなく、苦い思いをする度にこの詩を心の中で詠んでいます。
この詩の表現する人のようにどっしりと先を見据えて過ごせればなと日々感じています。