【ケアリッツ事業所探訪】-用賀事業所編

こんにちは!ケアリッツマガジン記者のtakahashiです。

ケアリッツでは現在、新規事業所の出店に力を入れていますが、ついに90事業所を越えました。これもひとえに利用者やケアマネの皆様、そしてスタッフ全員の頑張りによるものに他なりません。これでついに100事業所体制のカウントダウンが聞こえてきそうですが、これは本当にすごいことですよね!

しかし、これに慢心する事なく、もっとより多くの方にサービスをお届けできるよう、まだまだ積極的に出店を続けていきます!

そんなケアリッツでの日常をもっと良く知ってもらえるように、引き続き(前回の記事)、事業所の紹介をしていきます。

ケアリッツに興味をお持ちの方、ケアリッツで働いてみたい方などの参考になれば幸いです。

閑静な住宅街 ケアリッツ用賀


東京都世田谷区用賀4-31-19 ハイツクワハラ102
用賀事業所は東急田園都市線「用賀」駅から徒歩5分ほどの所にあります。住宅街の中にあるため初めて訪れると少し迷ってしまうので簡単に道順をご紹介します。

先ず改札口を出て右側の北口へ進みます

進んでいくと外へ上がる階段が見えてきますので、こちらを上がります。写真左側にはエスカレーター、右側にエレベーターもあります

登りますと目の前に商店街が見えますので、そちらを「くすり」と書いてある方へ進みます

進んでいきますと十字路差し掛かりますのでこちらも真っ直ぐに進みます

また十字路が出てきますのでこちらを右に曲がります。クリーニング屋さんの横の道です

そのまま進んでいきますと横断歩道が見えてきますのでそこの道を左に曲がります

そうしましたらまたしばらく進んでいきます

進んでいくと左側に屋根付きの駐輪場が見えてきますのでその奥になります。
「コネット動物病院と丼丸きむら屋」の間になります

お近くを通った際にはぜひ、一度話を聞きに来てみてくださいね!

 

治安が良く住みやすい街

駅前から落ち着いた雰囲気のでゆったりとした時間が流れているように感じます。真っ直ぐな道も多く方向さえ間違わなければ目的地に辿り着けそうです。今回も事業所のヘルパーさんに近隣を紹介していただきましたので、簡単にご紹介します。

ちょっと変わった入り口の交番
現在、東京五輪にむけて工事中となっていて中に入ることができませんが交番のすぐ裏には「馬事公苑」があります。こちらは東京1964大会時に馬術が行われた場所で五輪レガシーを有する施設の1つになっているそうです。現在は、馬事普及拠点になっている場所です。そのすぐ近くにあるためか交番の入り口には馬の蹄の装飾がしてあります。

定食屋 みづき
こちらご家族で営業をしている中華料理店だそうですが、日替わりでとんかつ定食など和食もあったりしてバリエーションが豊かでとてもおいしいお店だそうです。

ラーメン 再来軒
こちらもご家族で営業されているお店で、お婆さんが作ってくださているようです。お昼過ぎにはお店は閉まってしまいます。

フローラ 洋菓子店
ピンクのぬいぐるみシェフがお出迎え!季節によって旬のケーキが楽しめます。

銭湯 栄湯
事業所近くにある昔ながらの銭湯。何年か前から密かにブームとなっている銭湯。近くにジョギングができる「砧公園(きぬたこうえん)」もあり帰りに寄っていく方も多いようです。一番人気の薬湯は季節によって入れ替わるようです。

世田谷ビジネススクエア
用賀といえばこのランドマークタワーの「世田谷ビジネススクエア」です。駅直結になっていて地下1階から2階までいろいろなショップが入っています。

高級食パン専門店
くちどけの朝じゃなきゃ!ととてもインパクトの強い高級食パン専門店。商店街の中ありますが周りの店とは一線を画すオシャレな店構えです。そして気になるお値段は「おめざの幸せが900円」「完熟モーニングが1,100円」どちらも1本(2斤)税込です。試食も出来るので気になった方は是非御賞味あれ。

用賀三条通り
駅から砧公園に行く途中にある他とは少し違った道がこの用賀三条通り。タイルが敷き詰められたこの道をよく見ると「短歌」が描かれれているところがあります。さらに番号も振ってあるので全て探してみるのも楽しいかもしれませんね。

砧公園(きぬたこうえん)
駅から徒歩7・8分の所にあります「砧公園」。その昔はゴルフ場だったようですが今ではサッカー場、野球場やジョギングに適した場所もあり美術館も兼ね備えた巨大公園です。歩いて見て回るには大変な場所ですが自転車で行くと秋は紅葉狩り、春には花見とちょっとした休憩にいいスポットだそうです。

いかがでしたでしょうか。毎月いろいろな事業所を紹介させていただいておりますが、同じ東京とは思えないほど街の雰囲気が違いますね。今まで用賀駅は電車や車で通過したことはありますが、実際に歩いたことはなかったので知りませんでしたがとてもゆったりした街で住みやすい街に感じました。

Writer
ケアリッツマガジン記者 takahashi
デザイナー。知らない場所を散策することが好きです。