menu

【ROOTS】いつまでも続けたい、続けられる仕事

【ROOTS】いつまでも続けたい、続けられる仕事

さて、ケアリッツマガジンでは、当社で働いている社員の方を定期的に、この【ROOTS】というコーナーでご紹介させていただいています。

ケアリッツでは、現在も事業所の開設予定が続いており、採用活動も積極的に行っています。

毎月中途で入社される方が大勢いらっしゃいますので、実際にどのような方が入社されて活躍しているのかをご覧いただき、もしこれから介護職で転職を考えている方や未経験だけど介護に興味を持っている方などに、ぜひケアリッツの雰囲気を感じ、参考にしていただければと思っています!

第18回目は代々木事業所 サービス提供責任者 三浦真梨子さん

2017年8月入社。あふれる笑顔からにじみ出る人柄の良さで、利用者の皆様からも信頼を集める三浦さん。インタビューをしていて、こちらも優しい気持ちになりました。そんな三浦さんの、生い立ちから現在の仕事や心境などを伺ってきました。

賑やか5人兄妹

-ご出身はどちらなんですか-
生まれてから、ずっと東京に住んでいます。
板橋区で産まれて、豊島区の駒込で育ち、今でも駒込に住んでいます。

駒込って山手線の駅ではあるんですけど、結構マイナーな駅なんですよね。
正直住んでいても、これというものは特にない場所です 笑

-ご兄妹はいらっしゃいますか-
5人兄妹で、私が一番上になります。
上から私(女)、男、女、女、男でみんな2歳ずつ離れています。

それに祖母も一緒に住んでいて8人家族だったので、賑やかというかいつもうるさかったです。

自分の部屋がなかったので、いつも家族は一緒にいたせいもあり、いつもケンカばかりしてましたね 笑
特にご飯の時にはいつも、おかずの取り合いになって大変でした。

でも仲は良かったですよ。
私が小学生の頃には、弟を幼稚園に送ったりもしていました。

-趣味や特技はありますか-
スキーですね。最近は全く行けてないのですが、中学生から短大までずっとスキー部に入っていたので。
学校の合宿所が北海道にあってよく行っていましたし、それ以外にも上越や東北にも行きましたね。

それと書道も習っていました。
でも小1から小6までやっていたんですが、全然上手くならなくて、書初めも苦手でした。

あとは家の手伝いが好きで、よく母が料理をするのを手伝っていました。
母は料理があまり得意ではないと言ってはいましたが、父がいわゆるおかず食いの人で品数をたくさん欲しがる人だったから、きっと努力したんだと思います。

でもそのおかげで、私は料理が好きになって得意になり、残り物だけでもささっと作れるようになりました。

-好きな食べものなどはありますか-
エビチリが好きです。
叔父が近所で中華料理店を開いていて、家に来て作ってくれたことがあって。

あのエビのプリプリした食感がたまらなく好きなんですよね。甘いのに後引く辛さがなんとも言えなくて。

それ以外にも外せないのがお酒ですね。
なんでも飲みますが、一番好きなのは日本酒なんです。
でも次の日が仕事だと残るお酒はあまり飲めないので、普段は焼酎かビールで我慢しています。

巡り合えたハマった仕事

-介護を仕事にしたきっかけは-
学校を卒業後、特にやりたい事も見つからず、アルバイトの掛け持ちをしていました。
そんな時に知人から「訪問介護の会社を立ち上げたから一緒にやってみない」と声をかけられたんです。でも、その時は一度断ったんですよね。

でも、それから半年くらい経って、道端でばったりその友人に会ったのですが、その時にもまた誘われて。

いろいろ悩みましたが、このままただアルバイトを続けていても良くないな、と考えていた時でもあり、介護の仕事ならば将来的に手に職もつけられる!と思い、その誘いを受けることにしたんです。

-実際にやってみてどうでしたか-
楽しかったですよ。
同僚に恵まれたという事もありますが、仕事内容も自分に合っていて、働き続けて気が付けば8年位経っていました。自分は一つの仕事が長続きしない性格だと思いこんでいたので、正直自分でも驚きですね。

-そこからなぜ転職されたのですか-
仕事も楽しくて、良い職場だったのですが、環境もマンネリ化してきた事で、他の会社が見たくなったんです。

-それからケアリッツへ?-
そうです。たまたまSNSを見ていた時に転職サイトの広告が出ていて、それに登録をしました。

そこの紹介会社には、2社紹介してもらいました。
その際、担当の方にはどちらかというとケアリッツとは違う会社の方を勧められていて、はじめは自分でも、その会社が良いかな、という風に感じていました。

でも、実際面接を受けてみると、なんか違う感じがしたんですよね。面接官ともどうも合わないような気がして。
結果、その会社には落ちてしまったのですが、良かったと思っています。

自分に合わない会社に入社できたとしても、長続きせずにまた転職をしていたはずなので。

それで次にケアリッツを受けました。会社についた時からいいなって感じて。面接官の方もすごくいい方で、絶対この会社に入りたいと思いながら面接を受けていたので、入社出来て本当に嬉しいです。

現在働いているの代々木事業所の方々も良い方が多くて、毎日楽しく過ごしています。

-(三浦さんが思う)ケアリッツとは-
胸を張って「ケアリッツ・アンド・パートナーズに勤めています」と言える会社ですね。とても安心して働ける場所です。
働いていて楽しい職場で、社員を大切にしていると感じます。

辞めずに仕事を続けられるようにいろいろと考えてくれたり、親身になって接してくれたり、人を育てる環境が整っています。

毎年春になると新卒社員が入ってきますし、中途入社の方も次々と入社してくるので、いつも何かしらの刺激があります。一定の緊張感をもって、飽きずに業務に取り組むことが出来るのも良いところですね。マンネリ化とは程遠い所です。

それに配属先が代々木事業所で良かったな、と思っています。
当時、とても面倒見のいい女性スタッフがいまして(現在は他の事業所に異動)、年齢の割にとてもしっかりした方だったんです。こちらが分からない事を何度聞いても、根気よく丁寧に教えてくれました。
昇格試験に受かった時も私以上に喜んでくれたり、仕事で失敗した時には励ましてくれました。

年齢は15歳離れていますがウマがあい、今でもよく飲みに行きます。

-訪問介護の良いところは-
人と触れ合い、笑顔にさせ、安心や喜び・楽しさを分かち合えるところや、利用者を独り占めできること 笑
それに昔から同じ所に住んでいる方には、その土地にまつわる話など教えてもらえたり、家事を教わったりして、生活に役立つことも多くて為になります。

-訪問介護の大変なところは-
ネガティブな方の対応には、ついつい力んでしまうことがあり、肩に力が入りすぎてしまうんですよね。
他にも、咄嗟のことはその場で自身で判断をしなければいけなかいので、常に気が抜けません。

とはいっても、ケアリッツはいつでも現場からメールや電話でも相談できる環境があるので、すごく困った、ということはありませんね。

 

音楽が元気の源

-利用者様で印象に残っている方はいますか-
持病のせいで眼が悪く、家の中でも車椅子でないと生活が出来なかった方がいらっしゃいました。
話しかけるだけで、逆にこちらの調子をよく分かってくれて、ケアに来ているはずなのに逆に励ましてもらったり・・・ まだ経験も少ない時だったから、とてもよく覚えています。

それと、いろいろな会社からヘルパーがケアに入ってもなかなかうまくいかずにすぐにヘルパーが交代になってしまう、とても気難しい方です。
ケアマネも何度も交代になり、どう接してよいのかわからなかったので、とにかくたくさん話しかけるようにしてみました。
そんなある日、ようやくケアに入るとお礼を言われるようになり、それから私は打ち解けられることができたんです。
嬉しかったですね。

-一日のスケジュールは-
少ない日だと4~5件、多い日は7~8件のケアに入ります。
ケアとケアの間は移動や記録票を付けたり、計画書の作成、休憩時間です。

音楽が好きで聞くだけで元気にもなるので、休憩時間や移動時にはよく聴きますね。

特に奥田民生が好きで、スマホから直接自分だけが聞こえるくらいの小さな音量で流して聴いています。

他には学生の時にグリーンデイのCDを友人に勧められて聞いたら、カッコ良くてハマり、来日した際にはライブにも行きました。後は、絶対に外せないのが安室ちゃんで、カラオケでも歌います。

-今後の目標は-
いつかはケアマネになれれば、と考えています。
ヘルパーとは違った介護のかかわり方が出来ると思うので、幅を広げたいという思いで将来の目標にしています。

でも、当面の目標は、社内のサービス提供責任者の中でも上位職種にあたる、サービスマネージャーの試験に合格することです。今年こそは何とかしたいです!

-介護職に興味がある方へメッセージをお願いします-
介護については、皆さん持たれているイメージっていろいろあると思います。
でもどんなことでも、やってみたら想像していた事と違った!なんて場合もよくありますよね。

介護の仕事がまさにそれだ、と感じています。
だから一度試しにやってみれば、私みたいにハマったりするかもしれませんよ。

それに人と話したり、接する事が好きな人には、間違いなく向いている仕事です。
ケアリッツでは、会社の説明をさせていただく際に、いい所も悪い所もしっかりお伝えしますので、ぜひ話だけでも聞きに来てもらいたいです。

話しだすと、いつまでも話し続けてしまう明るく元気な三浦さん。
利用者様のことも、その持ち前の明るさで元気にさせている事でしょう。

ケアリッツでは、ヘルパーの資格をイチから取得できる資格支援制度も導入しています!
介護は初めて、資格もない、という方でもサポート体制は万全なので、ぜひ一度ご相談ください!

もちろん、資格はあるけどブランクがあって・・・、施設経験はあるけど訪問は経験ががなくて・・・、
という方もしっかりフォローしますので、安心してください!

もし少しでもご興味をお持ちいただいた方は、↓からお問い合わせくださいね♪

Writer
ケアリッツマガジン記者 takahashi
デザイナー。知らない場所を散策することが好きです。