本出版のお知らせ!! ~介護危機 ―「数字」と「現場」の処方箋~

諸事情あって告知が遅くなってしまいましたが、弊社代表が著書を出版いたしました!
タイトルは、~介護危機 – 「数字」と「現場」の処方箋 ~ です。

内容としては、実際のデータなどを使いながら、介護業界の抱える大きな問題である財政不足と人材不足というふたつの大きな問題点を提示した上で、それに対し企業・そして行政レベルでどのような取り組みをしていくことが必要なのか、ということについて論じた内容になっています。

宮本が、福祉企業の経営者として、これまで実際に現場に出たりしながら感じてきたこと、現在の福祉業界に対する問題意識などが語られています。また、それに加えてケアリッツのやっている取り組みや今後の事業アイデアといったものも紹介されています。

正直、内容的には専門的、かつ固い内容の本ではありますが、もし介護業界についての興味をお持ちの方や、実際に業界に身を置いている方には、何らかの示唆がある内容になっているかと思います。

ご興味がある方はぜひ手に取ってみてください!

~介護危機 – 「数字」と「現場」の処方箋 ~