介護福祉士国家試験に挑戦!「介護過程」編

「介護過程」から出題します。
長文ですので、しっかり理解して解いていきましょう。

次の事例を読んで,問題1,問題2 について答えなさい。
〔事 例〕
Fさん(70 歳、男性、要介護 1 )は、認知症を患う母と二人暮らしである。左片麻痺があり、杖があれば一人で歩行できる。現在は、小規模多機能型居宅介護を利用して在宅生活を送っている。昔から買物が好きで、今でも天気の良い日には、一人で杖をついて買物に出かけていく。
Fさんの小規模多機能型居宅介護における介護計画の長期目標は「安全に買物に出かける」、短期目標は「転倒しない」で、支援内容には「事業所内で手すりを使って起立訓練と歩行訓練を行う」と設定されて、順調に実施されている。
最近、近所の人から、Fさんがスーパーに向かう途中にある階段が上り切れず、よろけたり、困っている姿を見かけたという情報がたびたび聞かれるようになった。この件をG介護福祉職がFさんに確認すると、Fさんは「足元が少し不安なところがありますが、大丈夫です。いつもありがとうございます」と言い、目に涙を浮かべた。

<問①>Fさんの介護計画の評価に関する次の記述のうち、最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 近所の人からの情報は、評価には不要である。
2 「安全に買物に出かける」という目標は達成した。
3 手すりを使った起立訓練と歩行訓練を見直す必要がある。
4 事業所内での訓練は順調なので、このまま継続する。
5 Fさんの発言から満足していると評価した。

<問②>Fさんの状況を受けて、関係職員が集まり、カンファレンスを開催することになった。このカンファレンスに参加したG介護福祉職の発言に関する次の記述のうち、最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 Fさんの日頃の移動の様子について、具体的に説明した。
2 Fさんが感情的になるので、気持ちは聞かないようにしていると説明した。
3 介護保険を使って通所リハビリテーションを併用することを提案した。
4 スーパーに向かうときの様子は多くの情報があるので、Fさんにはそれ以上尋ね
る必要がないと説明した。
5 母親の支援について、話し合うことを提案した。

第28回試験問題より出題

 

◆解答◆
問①
1:×近所の人からの情報は非常に重要であるので評価の対象にします。
2:×近所の人の「よろけたり、困っている姿を見かけたという情報」があるので安全に買い物ができるという目標は達成されていません。
3:○
4:×期待したとおりの結果がでているかどうかをまず検証、確認することが大切です。
5:×近所の人から見た状況と、本人の発言には食い違いがあり、Fさんの発言だけから、「満足している」と評価はできません。

問②
1:○
2:×
3:×
4:×
5:×

>>こちらもおすすめ

介護福祉士国家試験に挑戦!「認知症の理解」編
介護福祉士国家試験に挑戦!「発達と老化の理解」編
介護福祉士国家試験に挑戦!「生活支援技術」編
介護福祉士国家試験に挑戦!「コミュニケーション技術」編
介護福祉士国家試験に挑戦!「社会の理解」編
介護福祉士国家試験に挑戦!「人間の尊重と自立」編